水平線を見ていた。

あの向こう側に何があるのか?

飛び上がってみた。

何も変わらないけど、体にあふれる力を感じた。

きっと自分らしい未来があると信じた。

夢はその時始まった。